Studio Journal Knock 7 『Ephemeral Paradise』

Studio Journal knockは、世界のアーティストを訪ね、彼らの日常を綴るビジュアル ジャーナルです。作品だけではなく、作品が生まれる背景へと旅することで彼らの発想の 源流を探ります。

Studio Journal Knock 7 『Ephemeral Paradise』

眩しい光を反射する褐色の大地、咲き乱れる花々と祈りの声、乾いた潮風と羊肉の匂い。

2019年春、僕は真っ青な地中海に面する北アフリカの国々をめぐった。過酷な幼少期に見た光の記憶を詠う詩人、自らの身体を素材に痛みを表現する芸術家、教室を舞台に学徒と秘密の創作劇を繰り広げたフォトグラファー、政治・社会的事象を風刺的神話として綴じなおす芸術家、ネオコロニアリズムと宇宙的視野で対峙するコラージュ・アーティスト─。

スタジオ・ジャーナル・ノック 7冊目となる『エフェメラル・パラダイス』では、地中海に面するモロッコ・チュニジア・エジプトと北アフリカの国々を旅した。各地で出会った個性豊かな芸術家たち、彼らと過ごした親密な時間と、そこで交わした会話、創作と向き合う姿を、美しいランドスケープとともに一冊に綴じ込んだ。

Publisher : Studio Journal Knock
Date : 2019
Size : 250 x 210 mm
Pages : p160
soft cover

Studio Journal Knock 7 『Ephemeral Paradise』

Studio Journal knockは、世界のアーティストを訪ね、彼らの日常を綴るビジュアル ジャーナルです。作品だけではなく、作品が生まれる背景へと旅することで彼らの発想の 源流を探ります。

Studio Journal Knock 7 『Ephemeral Paradise』

眩しい光を反射する褐色の大地、咲き乱れる花々と祈りの声、乾いた潮風と羊肉の匂い。

2019年春、僕は真っ青な地中海に面する北アフリカの国々をめぐった。過酷な幼少期に見た光の記憶を詠う詩人、自らの身体を素材に痛みを表現する芸術家、教室を舞台に学徒と秘密の創作劇を繰り広げたフォトグラファー、政治・社会的事象を風刺的神話として綴じなおす芸術家、ネオコロニアリズムと宇宙的視野で対峙するコラージュ・アーティスト─。

スタジオ・ジャーナル・ノック 7冊目となる『エフェメラル・パラダイス』では、地中海に面するモロッコ・チュニジア・エジプトと北アフリカの国々を旅した。各地で出会った個性豊かな芸術家たち、彼らと過ごした親密な時間と、そこで交わした会話、創作と向き合う姿を、美しいランドスケープとともに一冊に綴じ込んだ。

Publisher : Studio Journal Knock
Date : 2019
Size : 250 x 210 mm
Pages : p160
soft cover

¥2,750 (税込)